燃料タンクのサビ取り防錆コーティング剤 はカスタムジャパン

100%日本製のタンク用錆取り・防錆剤です

ProTOOLs(プロツールス)

燃料タンクのサビ取り防錆コーティング剤

廃番をのぞく
バイクだけでなく、除雪車にも最適!
プロツールスからタンク内整備のマストアイテムがデビュー!
燃料タンク内のさび取りとコーティングが出来る!
20倍に薄めて漬けて置くだけで驚くほどタンクの錆が取れます。
錆を落とす作業時間30%以上短縮!(弊社比較テストデータより)
品番 参考小売価格 単位 会員価格(税抜)※1本あたり
16108202 OPEN 1本 会員価格はログイン後に表示
商品の情報
コーティング剤も含まれていますので錆の再発を防ぎます。
使った液は繰り返し使用できます。
カラー 液体:無色透明、ボトル:乳白色
JANコード 4580080434507
バイクカタログ11掲載頁 未掲載
自動車カタログ11掲載頁 未掲載
工具ケミカルカタログ頁 未掲載
自転車カタログ11掲載頁 未掲載
内容量 1000ml
仕様 中性液体洗剤(20倍希釈)
商品サイズ 高さ:185mm
幅:120mm
奥行:60mm
注意 ・子供の手の届くところに置かないでください。
・本剤を使用する場合は間違って目や皮膚に付着しないよう保護眼鏡、ゴム手袋や皮膚を露出しないような衣類を着用してください。
・衣服に付着した場合はシミになります。
・作業は換気の良い場所で行ってください。
・クリーナーは再使用が出来ますが錆取り能力が低下するため処理時間が長くなります。
注意2 【使用上の注意】
1.指定された用途以外には使用しないでください。
2.鉄製の燃料タンク専用です、鉄以外の燃料タンクには効果がありません。
3.本剤を40℃程度のお湯に混ぜると効果が促進されますが、熱湯を使うと塗装を傷たり火傷等の事故の原因になりますので熱湯は使わないようにしてください。
4.タンク内の錆が酷い場合は部分的に錆が外部にまで貫通している場合があります、その場合は本剤を使う事でその錆が取れて穴をあける事がありますので錆の状況を良くご確認ください。
5.内部の錆が貫通している場合は錆取り作業中に本剤が染み出る事がありますので大きなパット又はビニール袋を使ってください。
6.塗装の下に錆があった場合はその塗装がはがれますので塗装部分には付着しないようにしてください。
7.本剤を使う前に燃料タンクの油を落とす場合は中性洗剤をお使いください。(本剤は中性です)。
8.冬場は本剤の入った燃料タンクを放置すると凍結する恐れがあります本剤を燃料タンクに入れた後は凍結しないように注意してください。
その他 【作業手順】
1.バッテリーのケーブルを車体から外す。
2.燃料タンクに残っているガソリンを抜く。
3.燃料タンクを車体から外す。
4.燃料コック、燃料フィルター、パッキン等は外す。
5.中性洗剤を使って燃料タンク内を洗浄する。
6.燃料コック等をはずした燃料タンクの穴をふさぐ。
7.本剤を別の容器又はパッドで水又は40℃程度のお湯で20倍に薄めた洗浄剤をつくる。。
8.本剤を薄めた液を500ml〜1000ml程度を本剤の入っていたボトルに取って置き錆取り完了後に防錆処理に使います。
9.残りを全て燃料タンクに入れる。
10.燃料タンクの上部にも本剤が行渡る様に燃料タンク上部の空を抜いてください。
11.そのまま漬け置いてください。
12.錆が取れたら栓を外すか給油口から本剤を抜く。
13.ホース等を使って燃料タンク内の錆を良く洗浄して取れた錆を洗い流す。
14.再度、栓をして本剤を8で残しておいた薄めた液を燃料タンクに入れて全体をコーテングする.
15.燃料タンクの栓を外して内部の水分を良く乾かしてください。
代替商品

こちらの商品もございます

類似・関連商品

最近見た商品

最近見た商品がありません。 履歴を残す場合は、"履歴を残す"をクリックしてください。
  • バイクパーツ純正部品のご注文
  • DAILY SALE
  • タイヤ回収サービス""
  • カスタムジャパンまとめて支払サービスのご案内
  • SHAD 特集ページ
  • バイク用タイヤTIMSUN 試乗レビュー
  • 特注ケーブル
  • バイクパーツ仕入総合カタログ
501016